STAR WARSと旅とメダカ

STAR WARSと旅とメダカが好き。こんばんわ 私 です。旅記録や旅記憶、日々のスターウォーズ遊びやまったりメダカ観察を中心にゆるりと生きるアラサー女子記録。

*旅記憶・グアム・#3・準備編2*

晴れた日はのんびりメダカを愛でるのが好き。 

こんにちわ

私です。

 

グアム行きの申し込みや申請を済ませた我が家。次は荷物の準備です。

母は初海外の為、スーツケースをまず購入。

今回は3泊4日のツアーで、エコノミークラス使用。デルタ航空日本⇔グアムの受託手荷物は23キロ以下3片合計62インチ(157cm)以下のものが1人1個まで無料。行き先は暖かいところなので、持っていく荷物は少なめですが、帰りにどれだけ荷物が増えるかわからないことを考え1人1つLサイズのスーツケースを持って行きます。

 

そしてお次は荷物の準備です。

f:id:naturarook:20170612162047p:image

*必要なもの*

パスポート

絶対に忘れてはいけません。忘れてしまったらせっかく楽しみにしていた海外旅行がすべてパーになってしまいます。

パスポートのコピー

日本人は若く見えるので、お酒を買うときやお酒を提供するお店でIDチェックをされる事があります。パスポートを持ち歩いて無くしてしまっては大変なのでコピーを持ち歩きましょう。水辺でお酒を飲んだりする場合はジップロックなどのチャック式の袋に入れておくと濡れても安心です。

航空券やeチケット控え

こちらも忘れたら大変なことになります。出発前に確実に持っているか確認して忘れないようにしましょう。

海外旅行保険証券

行き慣れてるから大丈夫。などと油断して保険に入らず、現地で大怪我をして多額の医療費がかかってしまうケースなどをよく耳にします。楽しい旅行のはずが、身体とお財布に痛手を負って帰ってくるなんて事を避ける為に、我が家は確実に保険に加入してから出発します。安心を買えると思えば安いです。

現地通貨

円高ドル安の時に両替しておくと食事やお買い物がお得になります。現地の両替レートと日本の両替レートと比べて良い方を選ぶといいです。

クレジットカード

お買い物や食事の時にあると便利です。現地でカードを使う予定がなくても持っておくと安心です。

携帯電話

インターネット通信をしてしまうととても高い請求がきて大変ですので、データローミングオフと4G/LTEはオフに、電話連絡用として持っておきます。ただし、旅行中に日本からの電話に出てしまうと国際電話になってしまいます。緊急連絡以外は、ホテルロビーでメールやラインなどで連絡を取るのがいいと思います。移動中やホテル以外でもネットを使いたい方は出発前に海外で使えるポケットWi-Fiなどを契約してから出かけると良いでしょう。

現地で着用するお洋服・下着類

現地調達もできますし、ホテルに洗濯乾燥機が付いているところもありますが、サイズや好みのことを考えて必要最低限は持参が良いと思います。

サングラス・帽子

日差しの強さは日本の比ではありません。日差し対策必須です。

虫除け

結構蚊がいて刺されます。そして現地の虫除けは日本のものよりも匂いが強いので、日本のものを持って行く方が無難です。

日焼け止め・サンオイル

焼きたい人も痛い焼き方をしないように持って行った方が良いでしょう。

洗面用具・基礎化粧品

ホテルにもよりますがアメニティにはあまり期待せず使い慣れたものを持参しましょう。日焼け後の体にも使えるように保湿系化粧水やクリームなどは、たっぷり使えるように大きめのものがあると良いです。

コンタクト洗浄液

中和に時間がかかるタイプのものではなく、オールインワンのすすぎ洗浄保存ができるタイプが良いです。中和に時間がかかるものだと寝て起きるまでに十分な時間が取れず、つけた瞬間に中和が終わっておらず目に激痛なんて事もおきます。

予備のコンタクトやメガネ

無くしてしまったり破損してしまった時に、現地での調達は難しいので必要です。

歩きやすい靴

ショッピングや、散策でたくさん歩いたり行動したりすると思います。靴づれしたり足が痛くなるようだとせっかくの楽しい時間が台無しになってしまいます。

水遊び用の靴

綺麗なお魚がたくさんいるところは、サンゴや岩だらけです。足をついたら怪我したなんてことがないよう足を守る為の靴です。そして、サンゴは人間が踏んだり触れたりすると死んでしまうこともあるので踏まないよう触れないようにしましょう。

水着

現地でも購入できます。しかし日本の水着とサイズ感が違います。上はちょうどいいけど下がぶかぶかだったりその逆だったり、記念に現地で購入するとしても、1つは日本から持参した方が良いでしょう。

ラッシュガード

とても日差しが強く遊んでる間や、少しビーチで横になっている間に大火傷で大惨事。なんてことにならないために必須です。

普段飲んでいる薬・風邪薬や胃腸の薬など酔い止め、かゆみ止め等の常備薬

薬類は体に合うもの、成分がきちんとわかるものを持参するのがよいでしょう。

 

*あると便利なもの*

防水カメラ

水中をとったり水辺での記念撮影にあるととても便利です。

シュノーケルとゴーグルセット

レンタルでもありますが、誰が咥えたかわからないシュノーケル。抵抗ある方もいると思います。私は少しかさばるけど自分のものを持参して行きます。売店やスーパーでも安く売っていますので現地で調達しても良いと思います。

ライフジャケット

シュノーケルなど行う場合は自分の身を守るために確実に着用してください。私は空気を入れたり抜いたりして浮力の調整できるコンパクトなタイプのものを持参しています。現地でもレンタルなどがありますので、自分のために着用しましょう。

現地の観光地図・バス路線図

現地にも置いてあるところには置いてありますが、日本語が書いてあるものが置いてないところもあります。日本語表記の地図や路線図などを一部コピーまたはスマートホンに保存しておくと、何かと便利です。

機内持ち込み荷物規格内の予備のバッグ

 日本では売ってないものがたくさん売っているので、どうしても帰りの荷物が増えてしまうと思います。追加で料金を取られない形で持って帰ってくるために念のためスーツケースに入れておけば安心です。

 

とこんな感じで荷物をまとめ、スーツケースに半分ぐらい荷物が詰まっている状態で、出発編に続く。